相続問題で悩んでいるならプロに相談しよう!

このサイトでは、相続問題に関する幅広いお役立ち情報を紹介しています。
こうした問題で悩みを抱えている人は、プロに相談した方が良いという情報や、業者を選び時のポイントも紹介しています。
こうした問題の解決を手助けしてもらう相手は弁護士が良いとは限らず、特定分野ならその道の専門家の方が良いという情報についても紹介しています。

相続問題で悩んでいる?それならプロに相談しよう!業者選びのポイントを紹介!

相続問題で悩んでいる?それならプロに相談しよう!業者選びのポイントを紹介! 相続問題で悩んでいる時に解決のための手助けをしてくれるのが、こうした問題のプロです。
プロは相続に関する専門的な知識を豊富に持っているので、問題を解決するために必要となることをしっかりとアドバイスしてくれます。
仕事を依頼する時に特に重要となるのが、業者の選び方です。
ポイントをおさえながら業者を探すことで、最適な業者が見つけやすくなります。
相続問題を相談できるプロを探す時のポイントとしてあげられるのが、その業者の持っている経験です。
弁護士でも税理士でも、これまでに多くの相続に関する問題を解決してきた経験を持っている人の方が、安心して仕事を任せることができます。

相続相談をする際は窓口ごとの特徴を理解しよう

相続相談をする際は窓口ごとの特徴を理解しよう 遺産相続は家族にとって重要な問題であり、避けては通れません。
相続についての相談を誰にするかによっても、トラブルの発生や問題解決までのスピードは異なります。
相続について相談できる相手としては税務署や法律事務所、税理士事務所、そして市役所などの窓口が考えられます。
いずれも専門的な知識を持つ存在ではありますが、一口に窓口とまとめてもそれぞれ特徴が異なるため、自分にとって最も最適な相手を選ぶことが大切です。
例えば税務署は税金に関しての相談を受け付けており、納税の仕方なども教えてくれます。
あまり馴染みのある場所ではありませんが、判らないことは電話などで聞くことができるでしょう。
法律事務所は法的な問題を含めてサポートを行ってくれますし、税理士事務所は税務関係に強いのが特徴です。
どこに行けばいいのか判らないといった場合には、市役所に聞いているのも良い方法です。
これらの相手のうち、相続に関して発生しがちな法的なトラブルの解決に向いているのは、弁護士が所属する法律事務所となっています。
相続税だけではなく遺産の分割や遺言書の作成などのアドバイスも行ってくれるため、トータルサポートを求めている人には最適です。

法律の範囲内で相続税を減らすことができるテクニック

法人をつくることは、相続対策の効果的なテクニックだとよくいわれることがあります。
これは、どういうことなのでしょうか。
たとえば生命保険に新たに加入するとします。
このときに個人名で加入すると、不動産所得との関連はなくなり、保険料の一部が所得税から控除されるだけなのです。
しかし法人契約にしてその役員を保険人にすると、生命保険料を経費として計上することができます。
そして解約返戻金を使って法人名義で相続した土地を購入すると、相続税の納税資金として充当することができるのです。
ただし会社の役員というのは、高齢の人が多いため、健康診断の結果によっては法人名義での加入を断られることがあります。
また生命保険に加入してすぐに解約返戻金を請求すると、100パーセントの額が戻ってこないこともあるので注意が必要です。
このテクニックを活用する際は、役員の健康状態と実質返戻率が100パーセントになるまでに要する年数を確認するようにしましょう。
納税額を減らせるかどうかの判断ができない場合は、相続の専門家に相談してから法人化することが推奨されます。

相続にあたっては遺産分割の話し合いをする

民法には複数の相続人がいる場合の遺産の分け方についての規定がありますが、現金や預貯金であれば人数に応じてはっきりと分けることができるものの、不動産のような財産はそれが難しいはずです。
この場合に何もしなければ相続人による共有の状態となっており、ひとりの意見だけではその財産を自由に処分することができなくなります。
これでは実際にマイホームとして住むにも、不動産会社などに売却して現金化するのにもめんどうですので、相続人全員が扱って話し合いを行い、遺産の具体的な分け方を決めることになるのがふつうです。
この話し合いのことを遺産分割協議といいます。
遺産分割協議で誰がどのような遺産を受け継ぐかを決めた場合には、その内容を遺産分割協議書と呼ばれる書面にまとめ、参加者がそれぞれ署名捺印をします。
そしてこの遺産分割協議書は不動産の名義変更の手続きにあたる所有権移転登記などの際には、証拠書類のひとつとして窓口に提出します。

実家を相続した時に必要な不動産登記の手続きを知っておこう

相続をした時に、不動産として実家を継承しなくてはいけないことがあります。
ここで注意が必要なのが、単純な手続きをしたとしても所有権を取得できるわけではないという点です。
客観的にも、新しい相続人がその不動産を取得したということをきちんと知らしめないといけません。
この時に必要なのか、登記と呼ばれると手続きです。
相続登記を行わない限りは、客観的にも新しい相続人が所有権を保有しているということは認められませんので、注意をしなければいけません。
特に、実家の場合には将来的に売却することを想定して保有しておかなくてはならないケースも多いです。
この時に手続きを行っていない限りは、その売却手続きすらできなくなってしまいますので、将来的なトラブルに巻き込まれてしまいます。
問題などは、こういった時の手続きが法律的な義務ではないという点です。
現状では、強制されているものではありませんので自分から進んで手続きをしなくてはいけないことに注意が必要です。

youtubeをきっかけに相続を学習することも大切

相続税のルール変更など、新しく変わったこともしっかりと理解することが必要なので、学ぶ機会を作ることが必要になります。
youtubeをきっかけに、わかりやすく動画でまとめられている内容をチェックして学習することができる機会を作ることをおすすめします。
相続に関することをきちんと学習していると、自分のケースはどうなのかを調べていくことができるようになります。
弁護士など法律の専門家が情報発信をしているyoutubeチャンネルもあるなど、専門家がわかりやすく解説してくれるケースもあります。
基礎知識を身に着けてから、遺言書の作成など、考えて準備を進めていくことができるように、法律相談所など、専門家に相談してみることも大切です。
相続税の対象になるかなど、きちんと調べていると冷静に対応していくことができるようになります。
動画をきっかけに学ぶことができる機会を作っていくことができるので、参考にしてみることをおすすめします。

相続を放棄するには裁判所での手続きが必要

家族や親族が亡くなった場合、相続人がその人の遺産を受け継ぐことになるのが基本ですが、これを単純承認といい、特に手続きは必要とされていません。
ここで注意したいのは、遺産のなかには現金や預貯金、土地や建物の所有権といったプラスの意味での財産のほかにも、本人の借金による負債や連帯保証人としての支払い義務などのマイナスの意味での財産も含まれるということです。
もしもマイナスの財産のほうがプラスの財産よりも多ければ、単純承認をしてしまうとかえって相続人の負担となってしまいます。
これを防ぐためのしくみが相続放棄であり、民法と呼ばれる法律のなかでも認められた権利です。
ただし相続があったことを知った日から3か月以内に、本人やその法定代理人が管轄の家庭裁判所に対して申述書を提出する手続きをしなければならないとされていますので注意をしておかなければなりません。
この手続きには亡くなった人の住民票の除票や本人の戸籍謄本などの添付書類も必要です。